根拠に基づいた施工・ご提案のために

根拠に基づいた施工・ご提案のために

「重量がある瓦屋根と軽量屋根では、どれだけ耐震性能が違うのか?」という疑問に対する明確な答えを導くために、やねの匠では屋根材メーカーと協力・提携し、以前屋根を施工させていただいたお客様の力もお借りして、実証実験を実施しました。 瓦屋根から銅板系の軽量屋根に交換すると、建物の揺れ幅が減少し、耐力性能がアップし、耐震性能が上昇するという実験結果となりました。
屋根を軽量化することで確かな効果があることを、実際に自分たちで確かめることが、根拠を持ったご提案につながり、弊社をご利用いただくお客様への信頼にもつながると考えます。

計測方法

計測システム

実証実験概要

実証実験概要
実証実験概要考察

建物の耐力性能

建物の耐力性能
建物の耐力性能考察

建物の揺れやすさ

建物の揺れやすさ
建物の揺れやすさ考察

建物を支える力

建物を支える力
建物を支える力考察

実験の結果

軽い屋根

実験の結果、瓦を降ろして鋼板系軽量屋根に葺き替えた所、壁耐力性能が約60%向上した事がわかりました。建物の固有振動数が上昇した結果、地盤と建物の共振も減少し、建物が揺れにくくなりました。

実験の結果

屋根の軽量化により耐震性能は向上します!

屋根の軽量化により耐震性能は向上します!

熊本地震や大阪北部地震では、重量のある瓦屋根が建物の損壊被害の大きな原因になりました。建物の耐震性能を高めるには、屋根の軽量化を図ることがおすすめで、そうすることにより住宅の劣化や維持管理対策にも効果をもたらします。やねの匠では、あらゆる屋根の問題を高い技術力と適正価格で解決していますが、無料で屋根診断を実施しています。屋根のリフォームや葺き替えなどのお見積りも無料で行っておりますので、現在の屋根の老朽化や耐震性などに不安をお持ちの方は、どうぞお気軽にご相談ください。