コロニアルのリフォーム費用だけにとらわれてはいけません。

やねの匠
お見積もり・屋根のご相談は下記の東急ベルカスタマーセンターへ
  • 無料屋根診断 かんたんWEB予約
  • 無料見積もり屋根診断
  • 施工方法を調べる
  • 葺き替え
  • カバー工法(重ね葺き)
  • 屋根塗装・塗り替え
  • 外壁塗装
  • 遮熱シート
  • セイフティーベルーフ
  • スカイメタルルーフ
  • スーパーシャネツサーモSi
  • サービスのご案内
  • お客様に支持される理由
  • よくあるご質問
  • 屋根辞典
  • 製品保証
  • 屋根材比較
  • 東急ベルおすすめ屋根材
  • リフォームローン
  • 屋根ドローン空撮調査
  • 耐震実験
  • 東急ベルについて
  • 東急ベルとは
  • やねの匠 対応エリア
  • 東京・千葉・埼玉・神奈川エリアに対応
  • お問い合わせ
  • 東急ベルカスタマーセンター
  • 運営会社
  • やねの匠
  • 運営会社について
  • 職人紹介
  • 抗菌・抗ウイルス塗料

コロニアル

コロニアル

屋根材に使われるコロニアルは、アスファルトなどで作られていて軽量で安価な屋根材です。
コロニアルは時期によりアスベストが使用されていた製品もあるため印象があまりよくありません。
しかし、10年程度に1度メンテナンスで塗装を行えばアスベスト飛散の対策にもなります。
 
でも屋根の塗装費用や足場の設置費用を考えると迷いがでますね。
 
上記のように安いからといってコロニアルを選ぶと欠点を見失ってかえってお金がかかる場合もあります。
コロニアルの場合は断熱効果が低いため下地に断熱材をしっかり入れ施工しないといけません。
 
そして20年程でコロニアルは寿命を迎えます。
結局屋根の張替えやカバーなどをし施工費用がかかります。
 
新築で建て売りの住宅などを選ぶ時も中古で家を買う時も屋根材を確認する事の大事さがわかります。

PageTop

やねの匠
お見積もり・屋根のご相談は下記の東急ベルカスタマーセンターへ