下屋根(げやね)

下屋根(げやね)は母屋(おもや)より差し出した主屋根より一段下がった片流れの屋根のこと及び空間のことをいいます。
または、下屋(げや)、差し掛け、差し掛け屋根という場合もあります。
下屋根は窓や軒先によく使われ部屋に直接日光が入らないよう庇(ひさし)のような効果や雨避けなどにも効果があります。
屋根の修理はこの下屋根も必須になります。下屋根も葺き替えやカバーなどしてメンテナンスをしてやることでより住みやすい環境になります。
下屋根のメンテナンスを怠ったり業者が下手な施工をしていると雨漏りの原因や壁から入り込む水が原因で家屋のダメージに繋がる場合もあるので気をつけて見てあげることが必要でしょう。
 
下屋根は勾配が浅く普通の瓦などで施工すると水はけが悪くなるため瓦棒を用いる場合が多くあります。
しかし、近年は浅い勾配にも対応できる(水はけが良い)ガルバリウム鋼板などが出てきているため大屋根に合わせたデザインで景観も美しくできるようになりました。
 
普段はあまり気にしない部分の下屋根も縁の下の力持になり家屋や生活環境を守ってくれています。