コロニアル

塗装されたコロニアル
屋根材に使われるコロニアルは、アスファルトなどで作られていて
軽量で安価な屋根材です。
コロニアルは時期によりアスベストが使用されていた製品もあるため
印象があまりよくありません。
しかし、10年程度に1度メンテナンスで塗装を行えばアスベスト飛散の対策にも
なります。
 
でも屋根の塗装費用や足場の設置費用を考えると迷いがでますね。
 
上記のように安いからといってコロニアルを選ぶと欠点を見失ってかえってお金がかかる場合も
あります。
コロニアルの場合は断熱効果が低いため下地に断熱材をしっかり入れ施工しないと
いけません。
 
そして20年程でコロニアルは寿命を迎えます。
結局屋根の張替えやカバーなどをし施工費用がかかります。
 
新築で建て売りの住宅などを選ぶ時も中古で家を買う時も屋根材を確認する事の
大事さがわかります。